元1人暮らしママとセデブ犬ダックスのまいにち。
ミニチュアダックスYUKI&舞の 「一所懸命生きてるんだ!」日記です。

FC2カウンター

ブログランキング

banner_02.gif
かちっとしてってね dogs2.gif
愛犬ブログランキング。

セデブロ 初版

セデブブログ初版 これまでのブログはこちらです

プロフィール

eriko

Author:eriko
42歳の会社員です。
貧乏でもいい、たくましくセデブに育って欲しい・・
子育てだけが生きがいのナウでベイベーなママンです。
「いつも心にセデブ犬!」

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


クールドッグサイトオブ・ザ・デイジャパン受賞しました



作っていただきましたー



Dogカウンセラーのトホホわんこライフでハイタッチ認定証頂きました!!





ママンのことやけど

2013/04/09(火) 20:00:20
ママンは骨盤腹膜炎という病気にかかったことがある。
敗血症を引き起こしたどうかまで記憶にないが、今緊急手術をしたとしても
命の保証はできません的発言があったことは覚えている。

バイ菌がはいって膿が出来て腹膜内とその外もえらいことになってたらしく
その写真を見せられた母親がキモチワルーといっていた。

手術はたぶん成功したとのことだったが
急いでかけた強い麻酔は術後もママンの目を覚ますことなく
ママンはしばらく眠り姫状態だったという。


目が覚めたあとも顔は見るも無残にはれているわ
切腹したお腹はあほみたいにいたいわ
傷は予想以上にでっかいわ
シッコはでないわで

もう散々だった。


それでもとにかく生きててよかったーーーって思ったさ。



退院後もあれこれ検査のために通院したけれど
中でも卵管の検査は信じられないほど痛かった・・


そして体もへんてこになってきた。

頭髪が減った。

スネ毛が増えた。

うっすらヒゲも生えてきた。

イライラしたり耳がきこえにくくなったり

微熱が出たり

ほんの少し小走りしただけで顔がかぁーーーーっとあつくなって

鏡でみるとまっかっかになってた。

子供のころからバスケをしてて、走るの遅いしへたくそやけど

どんなに必死に走ってもマラソン大会にでても

顔だけはすずしい様子で真っ赤になることなってそうなかったのに。

ヒートなんてずーーーーーっとつづいたり

ずーーーーーーーっとこなかったりだった

あまりにも体調がわるくてホルモン剤を注射したり

ピルを飲んだりしてみたけど

吐き気がしたりメニエルみたいな症状がでたり

まともに生活できなかったので

それもやめた。




それもいつのまにかおさまったけれど

あんなことよう経験したもんやなって

今でもびっくりする。




YUKI舞も

ホルモンバランスが崩れたら

こんなことになるのかな。





9歳って

やっぱりもう高齢やんな。
関連記事
スポンサーサイト
YUKI&舞TB:0CM:2
<< げんきですホーム全記事一覧術後の圧迫 >>

コメント
Re: きこちいへ
きこちーーーーー

そう。私大変な病気じゃっったんよその昔。
1ヶ月も入院したのに毎日ってほど会社から電話かかってくるし
見舞いにきたとおもったら書類かかえてきてる上司もおったし
しかもなんとなんと!1ヶ月の入院、指定休日と代休だけで済ますことができたのよーー。
なんぼ働き者やってん。

そんなerikoさんも退職ですけどね。えへへ。

きこちいの
「体力があって治癒力が高いうちに予防できることはしたかった」

に反応。

そうや!っと決断いたしました。
ただでさえネガティブな舞がこれ以上ネガチンにならんように
天真爛漫がとりえのYUKIの明るい瞳が曇ることが無いように

きこちいを目標に私も強くなります。

覗き穴をみるたんびに元気もらってます。

で、早速セカンドオピニオンを・・・と思って
連絡した相手が

あんずペットクリニック

ってどういうことやねんw

でも結局さ、私ってまずはトリケン先生に
何か語ってもらわないと前に進めないのね。

これじゃいかんっておもうんだけど
やっぱり舞YUKI私にとっての一番の先生だから。

ていうか
やっぱり私広島に引っ越したほうがいいのかも。
きこちがいるし
アリスもいるし
クッキーもいるし
ついでにみつくんもいるし

草津港にも行きたいし。

ビバ!ひろしまー。





eriko #MGuVLNQM|2013/04/17(水) 15:47 [ 編集 ]

いえりちゃん、大変な病気じゃったんじゃね。
でも元気になって良かった!

ゆきちゃん、手術してよくなるといいね。
まいちゃん、発症せん内に対処出来るとええね。

オシッコのこととか、想像妊娠のこととか、ホルモンバランスのこととか、人間と比べて犬の場合はどうなのか
しっかり先生に相談してください
しっかり納得した上で、手術に望むのが1番だと思うよ。

飼い主が不安がると、その雰囲気?オーラが犬にも伝わって、犬も不安に陥るそうです。
えりちゃん、しっかり!!

ちなみに我が家の2匹は、若い時に避妊手術済みです。
元気で、体力があって、治癒力が高いうちに、予防できることはしたかったので。
きこ #-|2013/04/10(水) 21:30 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cedebuyuki.blog74.fc2.com/tb.php/799-8294e2d8

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 元1人暮らしママとセデブ犬ダックスのまいにち。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.