元1人暮らしママとセデブ犬ダックスのまいにち。
ミニチュアダックスYUKI&舞の 「一所懸命生きてるんだ!」日記です。

FC2カウンター

ブログランキング

banner_02.gif
かちっとしてってね dogs2.gif
愛犬ブログランキング。

セデブロ 初版

セデブブログ初版 これまでのブログはこちらです

プロフィール

eriko

Author:eriko
42歳の会社員です。
貧乏でもいい、たくましくセデブに育って欲しい・・
子育てだけが生きがいのナウでベイベーなママンです。
「いつも心にセデブ犬!」

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


クールドッグサイトオブ・ザ・デイジャパン受賞しました



作っていただきましたー



Dogカウンセラーのトホホわんこライフでハイタッチ認定証頂きました!!





靭公園

2012/12/31(月) 15:24:24





だれもいない。








ゆき、ふってきた。









あるかねえ。






すごいかお。








わー。みてみて。YUKI


でっかいビルやなあ。



すげーなあ。






そうや。
このちかくにある


わんこグッズのお店にいこー。



そしたら暖かいし



おやつも買ってあげるわ。







わーい。

わーい。





いそげー。












ついたついたー。














って、













しまってるよな。


この界隈じゃ。







というわけで、


今年最後のおさんぽ。



しっぱい?






や、たのしかったよな。


舞YUKI。







舞はエアスイミングしたしな。





よし。



かえろう。



ならに。




2012年、


セデブズを見守ってくださった皆々様に


心からの感謝をこめて。








皆様のおかげで、
YUKI、たくさんあるけるようになりました。





舞、リハビリ復活しました。






eriko、笑顔で乗りきることができました。




ほんまほんまに



ありがとうございました。




なんかわからんけど、



だいすきです。




よいお年を。









関連記事
スポンサーサイト
YUKI&舞TB:0CM:2
<< 甲子園だぜホーム全記事一覧メモブログ >>

コメント
Re: 夏おすすめ
てんちゃんさんー
お久しぶりです。元気ですか?

靭公園。毎週通ってたなんてうらやましいです。
都会っこなんですねえ・・。

行ったのが大晦日だったのでバラを見ることもなく
雪ふる極寒のなか見る水辺は相当寒々しかったですがw
ダンナとも「夏はええやろうなぁ」って話してたとこだったんです

YUKIも昔はカナヅチだったけど今はリハの成果でおよげるようになったし
舞はおよぐのが得意だから
今年の夏はいきますよーー!靭公園!

YUKIは現在、2週に1回のペースでリハに通っていますが
ここ最近はミルをやめてカバレッティレールやバランスボールだけでした。
昨日は久々にミルをしました。鍼はもうやめておこうかなって思ってます。
てんちゃん家ではどんな感じですか?
トレッドミルしてますか?


お互い、無理の無いペースで楽しくリハビリを続けていきたいものですね。


コメントありがとです。嬉しかったです。






eriko #MGuVLNQM|2013/01/21(月) 16:28 [ 編集 ]
夏おすすめ
靭公園、なつかしくてコメントします

うちの子がまだヘルニアなる前に毎年夏は毎週の様に、靭公園行ってました。

バラ園の小川と滝のたまったとこが
夏はワンちゃんの絶好の泳ぎ場なんです(^-^)

昨年はまだうちの子の体調が戻ってなかったのでいかなかったのですが、今年はリハビリかねて泳がしてあげようとおもいます

泳ぎスポットおすすめです(^-^)
てんちゃん #-|2013/01/10(木) 18:39 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cedebuyuki.blog74.fc2.com/tb.php/735-dcbf13d3

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 元1人暮らしママとセデブ犬ダックスのまいにち。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.