元1人暮らしママとセデブ犬ダックスのまいにち。
ミニチュアダックスYUKI&舞の 「一所懸命生きてるんだ!」日記です。

FC2カウンター

ブログランキング

banner_02.gif
かちっとしてってね dogs2.gif
愛犬ブログランキング。

セデブロ 初版

セデブブログ初版 これまでのブログはこちらです

プロフィール

eriko

Author:eriko
42歳の会社員です。
貧乏でもいい、たくましくセデブに育って欲しい・・
子育てだけが生きがいのナウでベイベーなママンです。
「いつも心にセデブ犬!」

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


クールドッグサイトオブ・ザ・デイジャパン受賞しました



作っていただきましたー



Dogカウンセラーのトホホわんこライフでハイタッチ認定証頂きました!!





スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

藤原京と八回目のミル

2012/04/02(月) 23:07:01
昨日は藤原宮跡にいってきましたー。




この時期なら毎年、梅や桜やって見に行ってるセデブ家ですが
今年はYUKIさんがこのような状態でアスファルトとかコンクリートとか
硬い道が歩けない・・




なので今までは「犬が入れる場所」とか「雨上がりでも歩ける散歩道」
とかそういうのであれこれ情報を探してたママンですが

今は「芝生がある場所」「や野道?あぜ道がある場所」「階段の少ない山道」

なんてので、舞YUKIのテンションが上がる場所をと探しています。




というわけで
今回の藤原宮跡はYUKI舞3度目の訪問でしたが
到着するなり二人してテンション高め。イヒヒ。






舞もガラガラよく歩くし
YUKIはYUKIで驚異的な歩行を見せてくれました。

ここ数日室内でもトコトコ歩いてることが多かったし
朝の散歩でもよく踏ん張って歩いてくれてたのでいい感じーとは思ってたけど

これまでは屋外ではコルセットを装着してそのコルセットの腰のあたりにあるベルトに
リードを通してそこだけママンが軽く支える形での歩行やったのよね。





コルセットの重みでペシャンっと座り込んでしまうYUKIにはママンの支えが必要で
コルセット無しだったら歩けるのになぁ・・と思っていた矢先のこと。

藤原京では地面に下ろしたその時から
お散歩終わりの1時間強後まで
ずっと一人で歩いてたーん。






とっきどきだけヨタっとなってペシャっとなるけど自力で立ち上がってまたトコトコ。

ママンはいちおーは腰のベルトにリードをつけて一緒に歩いてたけど
たらーんと緩めた状態でもトコトコトコトコ。

方向転換も出来るしものすごい変わりぶり。

先週の九条公園の歩行とは雲泥の差!




YUKI、久々に自分の足で好きなように歩けるのがよほど嬉しかったのか
いつもなら休憩しがち&飽きがちの子やのにずーっとあっちくんくん
こっちくんくん、舞とはぐれてきょろきょろ、見つけてダッシュ!って





そりゃー楽しそうにお散歩を満喫しておりました。

舞はハゲちゃん(夫)と気ままにお散歩していましたよ。





私がYUKIの歩行のすごさに感動し、
ちょっとした傾斜も後ろ足を踏ん張ってよいしょよいしょと登る姿にまたまた感動し


「すごいーーー!YUKI傾斜でも後ろ足踏ん張れたーーー!」







って言うとあさっての方を向いたまま


「まぢで!!!」




↑と、この世の終わりか?ちゅうくらいものすごい驚いたように発言してくれた。まったく驚いてないくせに。

ていうかそのすごさを理解してないくせに。

ていうかどうでもいいくせに。

よっ。大根!






というわけで

本当はYUKIが疲れてねむってしまうまでもっともっと
お散歩したかったけれど




リハビリで疲れて歩けなくなってしまうとアカンので
早々に切り上げて橿原のMIKUNIにいってきましたよー。

いつもドッグランに興味深深のYUKI

実際ランに入ればソワソワお尻を隠しているくせに
ランの外からだと超強気。

フェンスのところまで挨拶にきてくれたスタンダードプードルちゃんの
鼻先をガブっ!


あ。もちろん噛んでませんけどね。

とりあえずガブっと演じてみるんです。

よっ。千両!





その後は張り切って店内お買いまわり。
ドッグフードを嗅ぎ、おやつを嗅ぎ、他人様を嗅ぎ、
控えめに買ったつもりでも軽ーく諭吉が飛ぶという・・

リハビリがあると今まで以上に手作り食を調理している時間がもったいないというか
まぁママンの怠慢ちゃーそうやけど

それにね、下半身麻痺してると手作り食スタートで一時的に腸に異変がおきると
そりゃーあんた・・・シモの介護がどんなけ大変かって・・・。

それもまぁママンの怠慢やねんけどね。


週に2回の体重測定で「減りましたねえ」とか「増えましたねえ」って言われるのも
気になってしまって

なかなか手作り食に戻せずにいます。

現在術後48日

そろそろ変えていかないとな。






というわけで

病院到着。
毎週日曜日に同じ内容のリハを受けているココちゃんとそのママさんパパさんと遭遇。
ママさん、YUKIが立っている姿を見てビックリしてくれはりました。


「すごい!YUKIちゃん立ってる!先週と全然違う!」






ほんまに驚いてくれはりました。


ココちゃんはYUKIより長くリハ頑張ってるけど
いまだ立ち上がりもできてなくて
先週から車椅子の運転手さんになりました。

でも上手に運転してたなー。

ちなみにココちゃんは自分はママパパと同じで
犬とはちがーうと思っているのでYUKIのことは完全無視です。W


YUKIや舞はどないなんやろう。
自分で自分のこと犬やて理解してるんやろうか。

よそのワンコみてどないおもってるんやろうか。

聞いてみたい・・。




と遊んでるとココちゃんのリハの片づけを済ませた看護師さんから呼ばれました。

YUKI体重4.7キロ。

お熱は平熱。

ROMもバッチシ

看護師さんも後肢のふんばりと筋肉に驚いてくれはりました。


ゆきぃ!すごいやん!どうしたん!

って。


へへへ。


へへへへへへ。


ママンうれしいやんけ。







その後いつもどおりミルにチャレンジ。





今日は前回よりも水を減らしてのチャレンジです。




浮力に助けてもらうというよりは水圧で足の筋肉をつけよう作戦に移行しています。



YUKI、公園で歩くよりかは足の動きは遅いけど
それでもゆっくりしっかりふんばっていました。


看護師さん曰く

「今のような状態で足首をしっかり返しながら歩けるという子は私は他にみたことがない」

とのことでしたーー。
(看護師さんはまだとてもお若い方ですけどね・・W)




リハビリによる回復で歩行ができるようになったワンたちでも
ナックリングはあとのほうまで残ってしまう子が多いんですって。


ママンもね、

●クラスⅤの深部痛覚が全くない場合は無理でしょうけど、
体重の軽い子でしたら、リハビリで筋肉量をふやせば、脊髄歩行ならできるようになることもあります。

って書かれた文書を読んだり
どの病院でも難しい表情を頂いたりして


それにそれに

いくら神様にお願いしたって
泣いて頼んでみたって
ええって言われるもの食事に出しても
ええって言われる理学療法ためしてみても
教えてもらったマッサージ、何回も何倍もやってみたって

あかんもんはあかんっていうの

知ってるもん。





だから

無理かな
無理やろな
無理やけど
舞みたいに腰が少しでも上がれば
自力で立っていられる時間が少しでもあれば
筋肉が今以上に落ちなければ







思ってきました。

実際、3月19日に今の病院に提出したカウンセリングシートの最終目標欄に

自力で1分以上立っていられること



筋肉を維持すること

と記入したもんね。


それから随分と月日が経ったように思いますが

まだ2週間。



YUKI、すでに最初の目標クリア。
というか次のその先の、っていうか
ダメ飼い主が見えてなかった先の先の目標までもクリアしてやろうと

日々頑張ってくれてる。


すごい。

ほんまにすごい。





けど


あんまりすごいすごいいうたら

舞が・・。

舞だってあんなに頑張ってたし今もこうして毎日一所懸命生きててくれる。



あんまりいうたらあかんけど


でも


すげーーーー!!







でも(でもばっかり)


看護師さんに


「停滞期がきます」
っていわれたー。


しってるー。それー。



だから

やっぱり初心に帰って

ほんの近くの、ちょっとだけ高い目標をたてよう。





YUKIだって

無理しすぎててしんどいかもしれん。



時間かけてリハビリしていこう。



YUKI、左足の筋肉と力が弱いので内側にたおれこみ
それに右足がひっかかってうまく歩けない。

看護師さんには内股強化のために

カニ歩きできませんか?っていわれたけど


そんなんやったこともみたこともない。

足の長い子だと障害物を利用してそのような歩行ができるかもしれないけど

YUKIやと難しいかな。





パイロンを利用してのクネクネ歩行も
左右のバランス感覚と筋肉を使うのに有効なので
それを練習するか。


それでも内股だけ強化ーって難しいよ。

ヒトならレッグマジックとか買えばいいんやろうけど。


今の超内股歩行のまま筋肉が増してくると
将来の歩き方にも影響するのかなぁ。



最近は自分で出来ることが増えてきたYUKIは
ますますマッサージやストレッチを嫌がるようになってきた。

顔を両手で足を隠す。



ストレッチ中に逃げ出して
トコトコ小走りをする。



朝の散歩前にコルセットを見せると

いややいややとトコトコ小走りで逃げ惑う。


足がブランブランの状態でママンが筋肉維持のためにしていたマッサージ。
YUKIが頑張って自分で歩いて筋肉つけてってるんやから
ちょっとだけ減らしてあげたほうがいいかもね。ってちょっと思った。








思いながら

ちょい前のブログみていたら


看護師さんから

「マッサージの回数を減らすこと」

ってアドバイスされたことが書いてあった・・・・・





ごめんなさい






しかし

リハビリで

回数減らすようにアドバイスうけるって・・・

どうなのさ。





というわけで

ミルのあとは一旦リハ終了するも
看護師さんの「停滞期」のお話から

今日も針通電を受けることにしました。




ここ数日の劇的な変化は針通電によるものかもしれないですからね。


なので

今日も14本さしていただきましたー。

今回は女性の獣医師さんでした。

ここの先生はどなたでもさしてくださいます。

(鍼灸師の免許はお持ちではありません)





10分通電して終了。






今回気になった点

通電は太ももに刺した左右4本の針だけに行うのですが
通電のためのクリップで針をはさむとその重みで針がぬけちゃうんですねー。

抜けちゃわないポイント(つぼ)に刺されば筋肉がしっかと掴んでくれるはずなんですが
なかなかそこには刺さらないみたいで

なので重みでポイっとぬけちゃう。

だから

深く刺しちゃう。

みたいな。



鍼の刺せる部分のギリギリまで筋肉に押し込んでいたので
それがとっても気になりました。

経路って寒いと深く、暑いと浅く
指先に近いと浅く、体幹に近いと深いなどといわれるけれど
やっぱりそのコの悪いところによって深さは大きく変わってくるて学びました。



だから鍼が抜けるから深く・・電気クリップが維持できないから深く

ってちょっと・・かなり疑問でした。

いえなかったけど。




素人のすごい偏見でございますが

3回(3名)3用の針治療をうけた中で

2番目の先生の刺してくださったポイントが一番針を食い込んでいたように思います。



どの部分の針もすべてそうってわけじゃないと思うけど

上のような理由で深く刺すていう感覚の
反射を促すための刺激療法であれば

やっぱり針&通電じゃなくても
低周波治療でいいような気がした。





生意気いってごめんなさい。




こんなこと

言ったら

治療うけられなくなるかなぁ・・。

と思うといえないママン。



あくまでもド素人目ですから。


でも

舞の鍼灸師の先生がそういってたから・・。

うえーん。







飼い主の勝手な思い込みと判断やけど


鍼はこちら
ミルはあちら
ジェットバスはそちら
神経学的テストと考察・見解はどちら



↑とかって

あちこちいけたら
ええのになって


おもっちまう今日このごろ。





そして今日も

長いな。

舞とYUKIよりも長いブログ。



ごめんなすって。
関連記事
スポンサーサイト
YUKI&舞TB:0CM:2
<< びよんって。怖ホーム全記事一覧コルセット着ても自力で歩けた >>

コメント
Re:
パパさん様へ
うちもジェットや低周波・レーザーも受けたいーって思います。
でも飼い主の都合で通えないからジェットは自宅のお風呂で、
(一度ヒト用のジェットをぶぉ!!っとやってみたら
舞とYUKIから避難GOGOやったのでアロマ&ハーブ入りの温浴のみですが・・w)
低周波はヒト用のオムロンの低周波治療器を足裏にあてる程度ですが自宅でしています。
マッサージやストレッチ、バランスボールやボード、カバレッティレールやクネクネ歩行など
こちらも工夫次第で自宅にあるものであれこれできますね。

と、どうにかこうにか見よう見まねでもできることは自宅で、
どうしてもできないことは施設で・・と思ってトレッドミルを条件に病院選びました。

ダップル君は早いうちからヨタヨタ歩行ができているし痛覚も残っているので
YUKIと比べてリハの頻度は少なくていいのかもしれませんね。
アスファルトは歩かせてないとのことですがダップル君が嫌がるわけではないんですよね?
うちは両手にしか力が入らないのでこれまで以上にガシっと床を掴むようにしないと
不安定で怖くて立っていられないといった様子で硬い床面ではそれができないため、
だからそのようなところには行きたくない・・といった感じです。

硬い面を歩けなくなったことで困ることは爪が減らないことかな。
爪きりは不要のYUKIでしたがこれからは切らないとあかんかな。

それにしてもコルセットを見せて喜ぶダップル君。いいないいなー。お座りなんて賢いし。
UNCOの件よくわかりますー。舞のときはそりゃー難儀しましたよ。w
でもそのうちUNCOでそう!ってなったら(シッポがあがってきたら)
自分でもびっくりするくらいの手際のよさでバンドをバリバリ!と剥がせる様になりました。笑
なのでパパさんのされている「リードを軽く引き支える」ことはできていませんが
汚れないようにはなりました。
YUKIのときはバンドの位置をつけかえて剥がさなくてもコロリンと出るように調整しましたよ。
シッポ脇のマジックテープのところだけじゃなく
太もも&おなか側にあるマジックテープのところも調整して
UNCOもシッコにもあたらないようにしました(女子なのでね)

うちは麻痺っこ二人もおるのでコルセットに限らずUNCOにはなれっこです。w
バギーにのせて悠々お買い物しててもね
何かにおう・・ておもって覗いたら中にUNCOあったり・・・

でもそれも思い出。オモロイ思い出って思って楽しんでいます。ww






eriko #MGuVLNQM|2012/04/06(金) 18:07 [ 編集 ]

あっちこっち行けたらと私も思います(汗
ミルは全体運動、筋肉の面で素人ながら一番良い様に思えますし、ジェットは体を温める効果で神経・関節への慢性痛や保温浸透で血流を良くする観点で良い…低周波は神経への刺激、強さ次第では筋肉を造ってくれるし…。あれもこれも揃ってる病院があればなと…。
術後の停滞期私も聞きました。
ヨタヨタしながらでも歩けたら筋肉が完璧に落ちる事はないそうなので本人に負担が掛からない程度にマッサージやリハビリ通院をと啓蒙されました。って言われても素人じゃ判断つかないですので毎度の再診察でがっついて聞くようにしました(汗
散歩場所私も探さないとです!平坦なアスファルトならOKは出てるのですが過保護で公園のみしか歩行させてません(汗
うちのダップル君はコルセットを見ると外に行けると思い喜んで自分からいつも装着する定位置に来てお座りしますw
散歩中コルセットしてるとう●こが後ろのバンド?が肛門を塞いで毎回こびり付きます…
排便の踏ん張り体勢をとる様になってきてるんですがそれを私がリードを軽く上に引き支えようとするとバンドが上に上がり結果塞ぐ…歩行補助時は塞がないけど、排便体勢で補助するとバンドが上にずれると言う事が判明しました…私のバンドの締めが弱いのか…高価なだけに怒りが…(T3T)
パパさん #-|2012/04/03(火) 16:24 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cedebuyuki.blog74.fc2.com/tb.php/528-11292edd

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 元1人暮らしママとセデブ犬ダックスのまいにち。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。