元1人暮らしママとセデブ犬ダックスのまいにち。
ミニチュアダックスYUKI&舞の 「一所懸命生きてるんだ!」日記です。

FC2カウンター

ブログランキング

banner_02.gif
かちっとしてってね dogs2.gif
愛犬ブログランキング。

セデブロ 初版

セデブブログ初版 これまでのブログはこちらです

プロフィール

eriko

Author:eriko
42歳の会社員です。
貧乏でもいい、たくましくセデブに育って欲しい・・
子育てだけが生きがいのナウでベイベーなママンです。
「いつも心にセデブ犬!」

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


クールドッグサイトオブ・ザ・デイジャパン受賞しました



作っていただきましたー



Dogカウンセラーのトホホわんこライフでハイタッチ認定証頂きました!!





スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

良い日は1日しか続かない。ママンブログ

2006/11/13(月) 20:08:32
今日はイヌブログかけません。
仕事のブログです。

朝6時、シャワーを浴びようとしていたら
イマボ(上司)から電話がありました。


内容は商品事故でもトラックでのおかま事故でもなく
会社の門をあけようとしていた警備員さんが
出勤してきた運送会社のドライバさんに乗用車で
跳ね飛ばされて、重い門の下敷きになるという
事故が発生したとのことでした。


私は即座に家を飛び出しました。
途中イマボからもう一度電話があり
会社ではなく運ばれた病院のほうにいってくれとの
指示があったので向かいました。


病院は改装工事中で入り口が見当たらず
途中の道路にクルマを停車して走って探しました
見当たらず病院に電話しながら走りました

ようやく着くと
運送会社の長と警備会社と契約している会社の責任者が
先についていました

そこへ私と同時に警備員さんの奥様が到着され
私は頭を下げるしかなく
まだまだ状況を把握できておらずに
動揺されている奥様とともに
事故の状況を聞きました。


病院では警備員さんはCT室から診察室に
うつった直後で
先生に呼ばれるまで待つしかありませんでした。


数十分後、先生によばれて4人で診察室にはいりました。
先生のとなりに横たわった警備員さんがいました。

頭は包帯でおおわれて
目はあけられないほどはれています

先生は淡々とCT画像を見せて説明してくれました


頭蓋骨の骨折と
目の上の深い傷による出血、そして
脳挫傷、くも膜下なんとか・・という
言葉を発しられました。

画像では脳内に出血が見られました。

先生いわくは
今現在は本人は話も出来るし記憶もあるし
手足も動く、

けれども今後、出血がつづくと
意識が弱まっていく可能性もあると

そうおっしゃいました。


奥様もいらっしゃる中、
気丈に振舞わないといけない私でしたが

出てくる声を抑えるのに必死でした。


先生の説明後、ICUに移動の看護士さんの言葉をききながら

横たわる警備員さんを見ていました。



「○○っちゃん、今なんじや」


突然警備員さんが私の名前をよんで
そう問うてくれました。

びっくりして
あせって
動けずにいるとそばにいた運送会社の方が
時計をみて「7時すぎです」と答えてくれました。


私は、いつも元気でいつも笑顔で
ヒトの悪口どころか
ヒトを悪くおもうことすら無いのではと
おもうほどの、
そしていつも○○ちゃん、○○ちゃんと
私に声をかけてくださって
「今日はテニスの試合やねん」と
大好きなテニスの話をしてくれたり
もちろん仕事の面でも、
「警備さんのお仕事」以上の気遣いと配慮と
そのやさしさをもって
多くの問題を解決してくださったり
その結果を分かりやすく伝えてくださったりする

警備員さんが大好きすぎて
そしていつも元気だと思い込みすぎて

そしてそんな警備さんが
想像もできへん姿になっているのを見て、

その上で
いつものやさしい声で
○○ちゃん、今何時や?と
彼らしく仕事を気にかけての問いに

もうガマンも限界でした。



が、その場ではかろうじてこらえ
そのあと、ICUに移動される彼をみおくり、
看護師さんのいわれるように
2階の詰め所にいきました。


いくまでに取り急ぎの報告でしょう
運送会社さんと契約会社の方は
電話をしに外にでられました。


必然的に私は奥様と二人
2階の詰め所を探して
あるきました。


ナースステーションとかかれた
窓口の前で奥様と二人になったとき


抑えていたものが突如
崩れました。


あかん

あかんっておもいましたが

こんなしんどい仕事、
重たい門あけの仕事、
いっぱい危険なトラックや車両がはいってくる
現場でのたった一人での
夜から朝までの仕事

あたりまえみたいに
まかせきりになってて
危険予知、改善もできずに
あまえっぱなしになってて

ごめん

ごめん

そうおもって

奥様に「ほんとうにもうしわけございませんでした」


そういった瞬間

いつもの元気な彼の姿が
まぶたに頭に心に体によみがえって

もうどうしようもない状態になりました。

奥様がこれだけ冷静になろうと
しっかりとたっておられるのに
私がアホみたいに号泣してしまいました。



「テニスいくねん」

「来週試合やねん」


私がいつもいく公園のテニスコートで
練習されてる彼に

先週、「今度こそ、テニスしてるとこ見つけたるねんから」


といったばかりのこと。


いっぱいいっぱい飛び出してきて
どうしようもなかったです。



奥様は彼以上に?
やさしさにあふれる本当にすばらしい方でした。

こんな目にあわせた会社の一員である私に、
運送会社の長に、契約会社の長に

「ご迷惑かけて・・お仕事もあるのに・・朝はやくから」

と何度も何度も頭をさげて



なんていう方なんだと

そして

なんと彼の奥様にふさわしい方なんだと

ますます気持ちが乱れてしまうのが自分でもわかりました。



どうしたらええねん

どうしようもない

こんなにキツイことはありませんでした




奥様が
「いつもねー帰ってくると話てるんですよ
 おもしろい子がおるねんって」


「こんな話した・・とか○○をもらった・・とか
 よー働いて元気いっぱいでおもしろい子やねんって」



警備さんは
そんな風に私のことを奥様にも話してくださってたんやって。



そして看護師さんがやってきた。


ICUでの面会は親族の方だけでお願いします

といわれ奥様をお送りし、私たちは
談話室で待機していた。




すると

出てこられた奥様が

「○○さんに会いたい、って主人がよんでます」

と私に声をかけてくれた。


緊張しながらICUに入る。


一番奥の、カーテンの向こうに彼がいる。




「大丈夫?やんなぁ!」

声をかけると

「あぁー○○ちゃん、ごめんなぁー迷惑かけてー」


「なにいうてんのぉーびっくりしたやんかー」



「あのなーカードキーなーあそこにおいたままやねん。
 それに警備員室の片付けもしてないし
 ほんま皆に迷惑かけてもうしわけないなぁー」



「あほな。そんなもん私片付けるやん。
 んで、頭のことは先生にきいたけど
 ほかはどうなんよ。痛いとかうごかへんとかないの?」



「うんー肩なーたぶんすりむいててヒリヒリするんと
 この指、これもごりごりするねん」



みれば

素肌の肩がすりむけて赤くなってる

指もはれて赤くなってる

打撲と捻挫かもしれない。



彼の体は
それは還暦をすぎたとは思えないほどの
すばらしい筋肉におおわれていて
日焼けして黒々とした肌は健康なスポーツマンそのもの。


奥様にきいたところ
社会人になってからはじめたテニスにはまって
今も尚毎週4日は練習や試合にでかけて
大和郡山では1位になるなどの
本格的にがんばってはるんだって。



「仕事のこと気になるねんやったら 
私もどってチェックしてくるわ。
そのあいだにしっかり寝てなおすんやでー

でないと奥さんと仲良くなって悪口いっぱいいうたるからな」



そういうと彼は

「嫁さんからいっぱい悪口きいてみぃ。
 あははは」

と笑いながら答えてくれた。


いつもの声と笑顔やったよ。




ICUを出て皆の待つ談話室へ向かう。

もう涙でんかった。

彼が笑ってるのになんで自分ないてんの?とかおもった。

奥さんが笑顔でまっててくれはった。

「話してきましたぁ。
 もう仕事のことばっかり話してねえーこまったヒトですねえ」


そんな風に話すことが出来た。




その後奥様も入院準備もあるだろうし
運送会社の子に奥様を自宅までおくるように伝え

私も社の仕事があるので帰った。


社にもどって
得意先に事情を伝えたり
普段の仕事をこなしたり

明日のイベントのデータをチェックしたり

いろいろと

普通に仕事した




裏では引き続き事故に関する社内的な
手続きが進んでいた。


彼の容態が急変するなんてありへんと
そう信じようとしながら
仕事をおわらせて


退社することにした。



駐車場に向かう途中

運送会社の担当リーダーから
声をかけられた


「えりこさん今日はすいませんでした」


そういう彼に「○○くんも疲れたやろう」



そういうと


「○○(加害者)なんですが 
 明日から普通に常務させようとおもってます」


といわれた

「え?」というと


「あの子って、こんな事故あったことで
 謹慎とかで自宅におらせると
 余計に自己転落していってダメになるとおもうんです
 お酒飲む子でしょ?飲むととことん飲んで
 落ちていくとおもうんです
 逆に忙しく仕事あたえたほうがいいとおもうんですよ」




それも一理なんかもしれへん


でも
私は
ウンとはいえなかった



「それは、○○クンの意見として
 会社のトップを通じてうちの会社に
 申し入れることちゃうかな」



というだけでせいいっぱだった


「そうなんですよねえ・・
 んでも○○さん(うちの社)的には
どうなんでしょうねえ」




「・・ 私の個人的な意見でいえば
 今日事故して明日から公共の場を
 トラック運転して走るってのは
 どうなんかっておもう・・・

 万が一、被害者のご親族が
 その姿みたらどうおもうやろう。
 私やったら仕方ないこととはおもうものの
 やっぱりなんか納得できへんかもしれへん」


そういいました



「じゃぁ、乗らせないほうがいいってことですか」




と彼。


「私の意見は個人意見、それに頼らずに
 自社の上にいわないと」


そういったものの
まだ意見をくれる彼


私は
私は
警備員さんのあの姿をみていて
そして普段から頼りにしている警備員さんを
大事なひとやとおもっていて


運転手である加害者の子ももちろん同僚で
大事やけれども


加害者さんのことだけを考えて

「落ちていかないように明日から普通に乗務させる」

って

納得できんかったよ。


でも
彼が加害者の子を
どうしても何があってもまもてやりたくて
将来をなんとかしてやりたくて
必死におもってるなら

それを制するのは私個人の仕事でもないし
運送会社の社員育てのやりかたに
口出す立場でもないと
そうおもってる


そう伝えたら


「そこまで、、とか将来とかまで
 サポートする気はないですけどね」


と彼。


なんなん?とおもった。



中立の立場にいないといけない?わたし


彼がドライバーを意地でもまもりたくて
今回の事件で人生棒にふらせたくなくて
なんとか将来に継続させるべく
出した結論が

放置するよりも明日から仕事させる!

ていう意見ならまだしも


そこまでおもってないって




それって中途半端に今だけのこと考えてるだけやんって



今だけのこと考えても
どうすることもできへん
警備員さんのことはどうおもてるの?って


なんやねん!
ておもった



運送会社の彼も疲れてるとおもう

この事件にかぎらず
ココ最近トラブルばっかりで
ほんとに疲れてるとおもう


普通に話せる相手もわたししかおらんのかもておもう


かこにもいろんな事故経験してきてるから
今回もドライバー君をこうしたらいいっておもったって

うちあけ話もしてくれた


でも


なんぼ経験あっても

1つ1つの事故や受けた傷に
同様もクソもない。


なんぼあんたが事故の当事者でなくとも
同じような気持ちで対処にあたってほしいって
おもうのはおかしいか?



私は耐え切れずに

「それは中途半端じゃないか?」といってしまった

あわてて言葉をおきかえたけど

彼には

「中途半端」だけがきこえたんやろう




怒ったためしのない彼が
冷ややかな目で


「わかりました・中途半端とかいわれるなら
 もう(ドライバに)かまわないし
 ほうっておきます・なにもしません」





なげうった言葉を捨て

一礼して去っていった。






この彼の行為に

私は立ち直ることができずに

いまブログを書いています。






警備員さんの容態が回復に向かいますように

祈ります。





ブログタイトルを見て
普段のブログをみて
楽しい気持ちできてくださった皆様には
本当にもうしわけありません。

今日は愛犬ブログへとつなぐことはできませんでした。






今朝、突如家をでたために
いつもみたいに
お留守番チェックができておらず
かなり心配していましたが
11時に一時帰宅できたので
その間にサンポにも行き
無事にお留守番してくれた二人です

ありがとう。


大事なわが子です。



CIMG2003.jpg

関連記事
スポンサーサイト
YUKI&舞TB:0CM:14
<< ありがとう・・涙の味。ホーム全記事一覧奈良の生態販売のお店。 >>

コメント

辛いことがあったんですね。。。
その後、警備員さんの容態はどうですか??
・・・って、まだ1日しか経ってないけど。。。
大好きなテニスができるよう、はやく回復してくれるといいね!
あたしも遠くから祈ってます(●´人`●)

こんな大変なことしてしまったって言うのに相手の会社。。。
自分の事しか考えてないようで呆れちゃいました。
常識的にどう考えてもその対応はおかしいでしょ。
それに、その後の反応も大人気ないというか・・・。
erikoさん、気にしないほうがいいよ!!
・・・でも、優しいerikoさんだからそうはいかないよねぇ。。。

こーゆー時はYUKIちゃん&舞ちゃんに癒してもらうのが一番♪
元気だしてね!
ちはる #-|2006/11/14(火) 19:03 [ 編集 ]

ゆうべ読んだのですが,あまりにも辛くてコメントできませんでした。
erikoさんのキツイ気持ち,お察しします。
その後,警備員さんの回復が順調でありますようにと願いつつ,またここにカキにきました。
erikoさんの会社の立場がはっきり分からないのですが・・かなり大変なサンドイッチ状態?なんですね。
ドライバーのリーダーさんが相談した返事としては,erikoさんの返事はかなり適切だったとおもうんですけどね。
ドライバーのリーダーさんが【想像してた返事】とは違ったので,プイっとなったのかな。
erikoさんなら,いつでも賛成してくれる,応援してくれる,と思ったのかも。

ごはん,ちゃんと食べてね。

ショコ #-|2006/11/14(火) 17:13 [ 編集 ]

大変でしたねぇ。
erikoさんの気持ち良くわかります。
早く元気になって大好きなテニスして
貰わなきゃですね!!
警備員さんの順調な回復を祈るばかりです。
erikoさんあまり思い詰めない下さい
舞yukiちゃんが心配しちゃうよぉ。


まみ #NSzlzlSc|2006/11/14(火) 16:42 [ 編集 ]

辛いですね。。
みんなの事をそれぞれに好きなerikoさん。
誰よりも、みんなが楽しい気分でいてくれるのを望んでいるのに。
色々なことがおきますね。
一日でも早く警備員の方が元気になるように、
祈ってます。
事故は起こしたくて起こすものではないですもんね。
みんなが心を痛めていると思います。
erikoさんにも警備員さんにも、ドライバーさんにも一日も早く笑顔が戻る事を
切に願います。
くり #-|2006/11/14(火) 15:02 [ 編集 ]

とても辛い…erikoさんの気持ちが痛いほど伝わってきました。
とにかく、警備員さんのご回復を心よりお祈りします。
どうぞ、容態が悪化しないよう、またテニスができるよう、幸せな生活に戻れるよう願います。
組織の中で中立でいるというのは、とっても大変なことだと思います。
私は中立的な考えで仕事をしていかなくてはならないカウンセラーだけど、その分、結構な葛藤がありますよ。
どんなときでも両者の立場に立って冷静に判断したという気持ちだけが中立を正当化する手段だったような気がします。
本当に相手を思いやる気持ちがあるなら、怒ったり悲しんだり、いろんな感情がわいてきますよね
私はそれはとても素晴らしいことだし羨ましいと思います。
無理に中立にならなくてもいいんじゃないですか
人間らしく豊かな感情、相手を思いやる気持ち、それが一番です。
そして、そんなerikoさんのことを可愛がってくれる警備員さんですもん。
きっと、売り言葉に買い言葉だと思います。きっと彼も本心ではドライバーさんのことを思いやってるに違いありませんよ。
そう信じたいと思います。ねっ


ネコ娘 #-|2006/11/14(火) 12:51 [ 編集 ]

あたしも気持ちはerikoさんと一緒。
警備員さん、命に別状なくて、本当によかったですね。

加害者彼が「働くor休む」ってのは事実行為だから、
そこに周りの人のどんな気持ちが入っていたとしても、
加害者彼の取り方で違ってきますよねぇ
本人の意志次第なのかなぁ・・・

立ち直ることできなかったっすかあ・・・
今は、そんな気持ちかもしれないっすけど、
erikoさんのこといつも見てくれてる人なら、
ちゃんとわかってくれると思う。
あと、erikoさんは中立の立場になんていなくて
いいと思うんっすけど・・・
って中立ってムリだと思う。
それこそ、どっちにも中途半端になっちゃいそう・・・

警備員の方が早く良くなること祈ります >_<
cheese #-|2006/11/14(火) 12:06 [ 編集 ]

ほんとにお疲れ様でした
怪我が早く治ってまたテニスが
できるといいですね
どんな事故があるかわからないので
erikoさんも気を付けて下さいね

daisy #-|2006/11/14(火) 07:30 [ 編集 ]

周りでそういう事があるとショックだし辛いですよね。。
erikoさんお疲れ様でした。
辛いときに、運送会社の担当リーダーさんからの言葉、(なげうった言葉って所。。)これもまたショックでしたね。。
彼もきっと、今回のショッキングな出来事に同じように悩まれて、でもどうしていいかわからず・・ついついerikoさんにあたる様な発言?してしまったのかなぁ。
辛いですね。
何より、今は、警備員さんが順調に回復されますように・・・私からもお祈りいたします。
ここ #GCA3nAmE|2006/11/14(火) 02:20 [ 編集 ]

かなりショッキングな出来事があったのですね。
ただただ警備員さんの順調な回復を祈るばかりです。

erikoさんが、あまり思い詰めないでくださいね。
チョコたん #-|2006/11/13(月) 23:24 [ 編集 ]

大変でしたね・・・゜(ToT)゜
会社で起きた事故だけに
ママンの複雑な気持ち分かります。
事故はホント恐いです。
人生も変える可能性がありますから・・。

とにかく警備員さんの順調な回復を
祈ってます。

ママン元気出してくださいね。
頑張って!!
Ryo #-|2006/11/13(月) 22:52 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2006/11/13(月) 22:51 [ 編集 ]

私の意見は・・・erikoさんと同じですよ

現場の人間で勝手に判断して「謹慎」だの「常勤」だの決定してはイケナイ事だと思います

ナンダカンダ言ったって、会社の人間
従業員なんです
社の方針、上司の指示に従うのが当然だと思います

同僚をかばう気持ちも分からなくもないですが、それは運送会社内で上司や、その当事者として欲しいな

erikoさんの立場では、ちょっと難しいですよね
親しくしていた方の、辛そうな姿見たんだもの、余計に思う事はあると思います

プイッとしちゃった彼も、彼なりに色んな思いもあるんだとは思うけど、そーゆー話は、同じ会社の同僚や先輩、上司としないとぉ

今は、出血が少なく、
早く容態が良くなることを祈りましょう

色んな思いで一杯のerikoさんを癒してくれるのは、きっとユキ舞だと思うよ
こんな時こそ、ユキ舞に甘えてみては?

きこ #-|2006/11/13(月) 22:35 [ 編集 ]

痛いほどerikoさんのお気持ちが解ります。
どうぞ今はあまり深く考えずに・・・
優しい警備員さんのご回復を祈りましょうね。
きっときっとよくなりますよ。
大丈夫!!
アッシュママ #u/7l30Wo|2006/11/13(月) 22:13 [ 編集 ]

なかなかつらい話だね。

警備員さん、どうか出血がおさまりますように。
お怪我のご回復をお祈りいたします。

アデリー #-|2006/11/13(月) 21:03 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cedebuyuki.blog74.fc2.com/tb.php/5-25e41a04

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 元1人暮らしママとセデブ犬ダックスのまいにち。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。