元1人暮らしママとセデブ犬ダックスのまいにち。
ミニチュアダックスYUKI&舞の 「一所懸命生きてるんだ!」日記です。

FC2カウンター

ブログランキング

banner_02.gif
かちっとしてってね dogs2.gif
愛犬ブログランキング。

セデブロ 初版

セデブブログ初版 これまでのブログはこちらです

プロフィール

eriko

Author:eriko
42歳の会社員です。
貧乏でもいい、たくましくセデブに育って欲しい・・
子育てだけが生きがいのナウでベイベーなママンです。
「いつも心にセデブ犬!」

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


クールドッグサイトオブ・ザ・デイジャパン受賞しました



作っていただきましたー



Dogカウンセラーのトホホわんこライフでハイタッチ認定証頂きました!!





術後八日め。

2012/02/22(水) 17:24:38
術後8日目。
YUKIは朝から元気にモリモリ
薬入りのゴハンを完食いたしました。

おやつも欲しがったりなんかして
食欲はあるのよね。




とはいえコルセットをつけたままだと
オヤツを見せても前進しません。

つうか微動だにしません。





コルセットをはずすと重たい下半身を引きずってトイレに。

しばししゃがんでじっとするのですが





そのあとオムツを脱がすとシッコが出ています。

トイレまで移動するはずみで出たのか、トイレで出したのかは不明。

圧迫排尿をと今日も頑張ってみたけど出ず。

お腹をおす強さが舞とは違ってまだわからん。

圧迫せずともちょこちょこ出てるのでそれで大丈夫なのかな。

UNCOは今朝おきたらオムツの中にちょこっとでてました。

くさかったー。汚いのキライなYUKIやからかわいそうにと

お尻シャンプーで洗いました。ドライヤーもしたさ。

ドライヤーついでに足裏もあたためてもんでみたけど反応なし。反射あり。



UNCOの量が少なくてちょっと心配やったんで
しばらくしてからおしりの穴付近を刺激すると
でてきたでてきたー。
立派なものが。

っておもった瞬間に


ゴローン♪






UNCO,出てる最中にゴロンした。。。





舞でもUNCOでてる最中はそれに気づいて大人しくしてるのに

このコ、ほんまに本気でなんの感覚も意識もないんやろか。

ママン撃沈。



その後は動いたらアカンっていうのに
大好きな毛布と戦って寝床をつくりまくる。

もうええやろうってくらいつくりまくる。

毛布にもぐる。

でてきたら背中の糸に毛布の毛がひっかかってる

おそろしいからやめてー


でも寒いしなぁ。。


という8日目。


YUKI,ママンのことよくペロペロしてくれます。

でっかくて黒くて透き通った目でじーっとママンを見上げ

痛いはずの背筋をのばしてペロペロ。



可愛くて仕方ない。

足を引きずりながら歩く姿はいまだに
ほんまにこれがYUKI?

って思うけど

舞よりも抵抗のないブラブラの足に触れると
ゾクっとしてしまうくらい怖い瞬間があるけど


でも

YUKIはYUKI


YUKIが必死にいきてるように
ママンも必死にならないと。



早く抜糸して
早くリハビリの先生とこいきたいな。


よし。今日も早く仕事おわってダッシュでかえるからな。

あ、今日はオムツとトイレシート大量買いしてかえるからな。

まっとけよー。






それにしても

YUKIダッコするときさ

オマタに手つっこんで安定させるんやけど

そんときにジワっと触れる濡れたかんしょくがあると

あ、シッコしてくれた

っておもってめちゃ嬉しくなる。

あったかくぬれた感触が嬉しい。

UNCOが顔だしてる様子も嬉しい。

こういうのって



うちの職場のヒトとかが知ったら

めっちゃ引いて

気持ち悪いとかいいそう・・

ふふふ

いいそう・・・

ふふふふふふふ
関連記事
スポンサーサイト
YUKI&舞TB:0CM:0
<< しっこホーム全記事一覧退院おめでとう >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cedebuyuki.blog74.fc2.com/tb.php/477-192eaf4f

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 元1人暮らしママとセデブ犬ダックスのまいにち。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.