元1人暮らしママとセデブ犬ダックスのまいにち。
ミニチュアダックスYUKI&舞の 「一所懸命生きてるんだ!」日記です。

FC2カウンター

ブログランキング

banner_02.gif
かちっとしてってね dogs2.gif
愛犬ブログランキング。

セデブロ 初版

セデブブログ初版 これまでのブログはこちらです

プロフィール

eriko

Author:eriko
42歳の会社員です。
貧乏でもいい、たくましくセデブに育って欲しい・・
子育てだけが生きがいのナウでベイベーなママンです。
「いつも心にセデブ犬!」

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


クールドッグサイトオブ・ザ・デイジャパン受賞しました



作っていただきましたー



Dogカウンセラーのトホホわんこライフでハイタッチ認定証頂きました!!





針治療

2009/03/05(木) 10:48:41
20090305105205
昨日は舞の針治療の日でした
脈はどんどんよくなってきてるけど
まだ舌の様子から良好とは言えないので継続して気を高めていくツボを刺してもらいました

筋肉は少しはついてきたように思うけどやはり一時期より停滞してる

もっともっとリハビリしたいけど
舞のストレスになったらなあなんて考えたり

発症手術からもうすぐ4ヶ月

可能性しんじつつも院長の3ヶ月は頑張りましょうの言葉が頭から離れず
昨夜はネット検索

したら 半年でよたよた歩けるようになった子や
9ヶ月で復活したなんて子も居ることがわかって 少し前向きになれました

おもちゃ投げで遊びでるとき 途中 ふと見せる舞の自分の足を振り返って立ち止まりおもちゃを追うことを止める姿をみて

悲しくなったりするけれど

それでも一所懸命いきてるんだ!

って
再び走り出す舞と共にこれからも頑張っていきます

春も近いので舞のサークルも一新しましたよ

父ちゃんが買ってくれた舞ゆきそれぞれ一人ずつので~っかいベッドが
使えるように
自分で立ち上がり
自分でしっこもうんこも出来てストレスにならないように

そんな日を目標に
頑張ろうな
舞ゆき

たぶんやけど

年内には家を建てることになる我が家

舞ゆきに優しい家づくり
しっかり考えていきたいです

関連記事
スポンサーサイト
未分類TB:0CM:5
<< 家ってたいへん・・・。ホーム全記事一覧にゅ~ マイラップ >>

コメント

お久しぶりです。
色々とあったみたいで、大変なんて言葉では生温いですね。
どうにかしてあげたいという気持ちだけが頭の中をグルグルと回ります。

ボクも身体の自由が利かなくなってしまったので、なんとなく気持ちだけは判るつもりです。
Hengの愛人 #nZwJZKqw|2009/03/25(水) 00:41 [ 編集 ]

eriko姐、ごぶさたしてますー

って、しばらくご無沙汰している間に、
姐家は大変なことになっていたのですね!
それでもbabysに深い愛情を注ぐ姐…偉い。
舞ちゃんも、焦らずにがんばるのだよ。

おうちも建てるって、あねすげー
「家族」ならでは!ですね。憧れますi-189
くぼみ #-|2009/03/12(木) 22:12 [ 編集 ]

うんうん、そのコそれぞれだよね。
モカの場合もあんま他の子とは違うペースだけど
なんとかやってるし♪
生きててくれればいいかなって最近は思うよ。

おうち建てるんだぁ!!!!
壁紙とかコンセントの位置で『キィィー!!!』って
なるだろうけど(笑)納得いくおうち作りしてね☆
ちはる #-|2009/03/06(金) 16:16 [ 編集 ]

へーえー

ビンボーぽかったのに家建てるんや

お金持ちやなぁーーーー v-40
バットマン2 #-|2009/03/05(木) 22:12 [ 編集 ]

うんうん。時間は気にするな~
ゆっくり舞のペースで治していけばいいのさ♪
って、あんた!家建てるのかっっっ!
すげーーーーー!
cheese #-|2009/03/05(木) 18:44 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cedebuyuki.blog74.fc2.com/tb.php/333-704f17c3

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 元1人暮らしママとセデブ犬ダックスのまいにち。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.