元1人暮らしママとセデブ犬ダックスのまいにち。
ミニチュアダックスYUKI&舞の 「一所懸命生きてるんだ!」日記です。

FC2カウンター

ブログランキング

banner_02.gif
かちっとしてってね dogs2.gif
愛犬ブログランキング。

セデブロ 初版

セデブブログ初版 これまでのブログはこちらです

プロフィール

eriko

Author:eriko
42歳の会社員です。
貧乏でもいい、たくましくセデブに育って欲しい・・
子育てだけが生きがいのナウでベイベーなママンです。
「いつも心にセデブ犬!」

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


クールドッグサイトオブ・ザ・デイジャパン受賞しました



作っていただきましたー



Dogカウンセラーのトホホわんこライフでハイタッチ認定証頂きました!!





行方不明になりました

2008/03/06(木) 20:26:17
先日は
たくさんのお祝いコメントありがとうございました。
お返事もできず
ほんとうにすいません。

3月2日に彼のご自宅に伺って
挨拶をすませました。

平日の残業がすごいママを毎日まいゆきマコと
弟のマゴドの4人でまっていてくれます。

ひなまつりにはケーキをかってきてくれました。

しなきゃいけないことはたくさんあるのですが
おだやかなキモチでいられる日々がつづいています。








そんな中

今朝とんでもなく大変な事故がおきました。






朝マコと一緒に出勤して
早朝作業をすべくタバコをすいながら
休憩していたとき


マコの携帯がなりました。


マコは番号を見るとひどく真剣な顔で

いつもなら平気でママンのまえで電話にでるのに

即タバコを消して
ママンの前から去り、驚いた大きな声で対応していました。


ただならぬ雰囲気はすぐに伝わってきて
ママンは先に作業現場にもどりました。


マコは電話で「すぐいく」

といっていたのでママンはマコが帰るのはわかりましたが
電話をきったあと「どうした?」ときいても



「作業よろしく」

とだけいいのこして

即かえっていきました




不安におもいつつも
マコの欠員で仕事を倒すわけにはいきません。


ママンは作業にとりかかりました。
バールで打木をはずしてるとき
すごく不安がつのったのを記憶しています。




そのあと

作業責任者が出勤してきました



ププーといつもどおり車のクラクショんをならし

「マコは?おらんのか」

とききました。


「かえった」




「・・・あいつんとこいったんか」




「え?」




「火事や。燃えてしもたんや」








マコが仕事をほって向かったのは
マコの友達のところでした。


幼馴染のマコの友達で









そして




ママンに舞とYUKIを出会わせてくれた



舞ちゃんのパパであった


ママンがお世話になった


彼の



とてもとてもめちゃくちゃ大事にしていた
お父さんの思い出がいっぱいつまったあの家が

焼けてなくなってしまいました。





幸い、ご家族にはケガもなく
皆さん無事とのことでした。



小さな体のお母さん

夜勤を頑張る弟くん

体が弱いお兄ちゃん

そしてがんばりやさんの彼




皆さんが無事でほんまによかった



そう
思ったけれど



マコがいってくれてるから
きっと大丈夫やろう


そうおもいながらも



とても不安でした





8時30分ごろ

マコが職場にもどってきました。




私は何も言えずに作業を終えた書類を
マコのチャリのカゴにのせて

自分の事務所にもどろうと歩きました。



きづくと静かにチャリにのったマコが
隣にいました。



二人でいつもの休憩所にいきました。

言葉もでずにむごんでした


きっとすごい光景を見たであろうマコ。

とてもとても大事にしていた家
家をまもらんと・・っていつもいってた彼。おかあさん
おにいちゃん弟くん



携帯以外のすべてのものを失って

想像もできない感情でいっぱいであろう彼や

そこにかけつけたマコのこと








そして







彼が、
今は天国にいるお父さんが
小さなおかあさんが

弟君が

お兄ちゃんが




そして

舞が


YUKIが



ママンが





大好きで大事に想っていた


コテコが






行方不明になってしまっていること









そんなことで頭がいっぱいで


どうしていいかわからず


本人に今すぐ会って状況をききたいけれど

そんなことできるわけもなく

彼がマコを頼ってマコがそこにかけつけたんだから

マコがいるんだから

大丈夫って


そうおもってみるけど


でも




コテコは



コテコは









心配になりすぎて


ママンはマコに

「コテコは」



って


聞いてしまいました








9時からの仕事がスタートして


二人それぞれの職場にはいりました





10時半ごろ



ママンの携帯がなりました





コテコのパパ。彼からでした







「ひさしぶり」



の挨拶のあと


「ごめんな・コテコ・・わからへんねん」








そう聞きました。










久しぶりすぎるくらい久しぶりにきく
彼の声と、


相変わらず相手をおもった「平気やで」的な
笑顔をふくんだ声に




平気なわけないやんか!って


おかあさん
おにいちゃん
弟君
そして彼も


無事でよかった

元気な声きけてよかったって



そうおもったり



お父さんが大事にしてたあの家


先祖代々の想いがつまった
立派なあの家

リフォームして使いやすくなった
あの家が



なくなって




そして

コテコが

無事に逃げられたかどうかも確認できない
そんな今




彼の声をきいて

ほんまにビビりました






「マコから、めっちゃ心配しとるから電話したってって
 たのまれてん・・・」




そう彼がいいました。







彼は

「マコとは仲良しやから
 ママンがマコとつきあってるのはしってたから
 今日マコにママンと結婚するってきいたで
 
マコとはこれからも友達やから
これからも顔あわせることもあるとおもう

だからこれからもよろしくな


舞とゆき
元気にしてる?」




そういいました








ママンもわけわからんくなって



こんな大変なときに

そんなとこに気つかってる彼も

彼らしすぎて、なんでやねんて感じで




彼の友達としてのマコ

ヒトとしてのマコ


そして

ママンのコイビトとしてのマコ


いろんな自分をどう出せばいいのか
きっとめちゃあせりながら



悩みながら




そして


彼に、「ママンに電話したってくれ」っていったマコ




もういろんなもんが
あたまによぎって


そして

やっぱり一番に

コテコの行方が心配で




すぐに脱走する

あくびちゃんみたいなイタズラこてこのことやから

きっと

きっと

あわてて表にでて



今頃


彼や

おかあさんのこと探しに


近所のおうちのブロック塀にでものぼって

あっちこっちきょろきょrしてるはず




なんて考えようとしても





できなくて









彼との電話をおえて

仕事にもどって





マコのお父さんがいる職場にいったら








「あいつ、 事故の話きいて
 家にとんでかえって
 部屋まで走っていったおもたら
 給料袋つかんですぐにあいつん家むかってったんやで」







半年以上も連絡をとってない

友達である彼からの電話に

即反応して


感情のままに行動したマコ



その正しく優しい感情のままに行動したマコ










いま、マコがかえってきたので

ブログ中断です






コテコが心配です




まいゆきしんぱいです。
関連記事
スポンサーサイト
YUKI&舞TB:0CM:3
<< これまたゴブサタしております。書いたよ○○届ホーム全記事一覧ごぶさたすぎる報告(だれに?) >>

コメント

コテコちゃん、家族のもとに帰れるように心から祈ってます。
ママン、マコさんとまいちゃんゆきちゃんと一緒だから大丈夫ですよね。
くり #sSHoJftA|2008/03/18(火) 13:01 [ 編集 ]

 びっくりした。 家がなくなったみたいですね。 コテコは びっくりして 一時どこかに避難してるだけ! そうだよ! 
 こっちも 突然の知らせに どう対応すればいいか パニクリそうです。
 なんの 力にもなれそうにないです。
ラッキー #-|2008/03/07(金) 21:09 [ 編集 ]

コテコちゃん、家族のところに戻れることを心の底から、毎日祈っています。

ママン、しっかりね。
ノッチ #pYrWfDco|2008/03/07(金) 00:33 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cedebuyuki.blog74.fc2.com/tb.php/285-989cf46a

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 元1人暮らしママとセデブ犬ダックスのまいにち。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.