元1人暮らしママとセデブ犬ダックスのまいにち。
ミニチュアダックスYUKI&舞の 「一所懸命生きてるんだ!」日記です。

FC2カウンター

ブログランキング

banner_02.gif
かちっとしてってね dogs2.gif
愛犬ブログランキング。

セデブロ 初版

セデブブログ初版 これまでのブログはこちらです

プロフィール

eriko

Author:eriko
42歳の会社員です。
貧乏でもいい、たくましくセデブに育って欲しい・・
子育てだけが生きがいのナウでベイベーなママンです。
「いつも心にセデブ犬!」

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


クールドッグサイトオブ・ザ・デイジャパン受賞しました



作っていただきましたー



Dogカウンセラーのトホホわんこライフでハイタッチ認定証頂きました!!





高悪性腫瘍切除後にすること。

2015/03/22(日) 10:43:33
検査に出してた犬膵特異的リパーゼの結果を聞きにいってきました。ひとまず安心。
で。この先のことについて質問しました。
ゆきの乳腺はひとまず腫瘍のあったところを切除したものの全摘したわけではないので
それをすることで再発の回避に少しでも好影響はあるか。
答えは、昔はそう考えられていて私たちもそのように処置していたが今では全摘してもしなくても結果に変わりはないため
していない。とのこと。

乳腺をとりきっても飛ぶときはどこにでと飛ぶのかときくと、そうですとのことでした。

今回こちらでしてもらったエコー検査でゆきの胃の動きがよくなかったため

膵炎のこともふまえ、胃腸に負担のかかる治療はこわいとのこと。

つい先日も二頭の急性膵炎のわんが運び込まれ、一頭は入院中で一頭は病院に来てまもなく亡くなったとのこと。

最初はすぐさま抗ガン剤治療を!と発言された先生も、膵炎のことを知ると
躊躇モードから否定モードに入り

効果の実証や実績は少なくとも
抗ガン剤以外の薬物の投与でなにかできることはないか

と聞いても、やはり薬物は膵臓に負担がかかる、と

では免疫療法は?ときくと

副作用はないが効果もそれほどないわりに
沢山の血を抜くので
個体へのストレスは大きい

とお勧めモードではなく、

放射線治療もあるけど
麻酔しなあかんし、万が一放射線がすいぞうにあたったらそれこそ大事になる

といった感じで

では、経過観察が一番無難な今の選択肢だと?
ときくと

そうです、と答えられました

手術した病院には腫瘍専門外来などなかったために
何かの治療を求めてここにきたわけなんだけど

結局は振り出しに戻った。

ただし、専門医の横内先生曰く
炎症性乳がんは抜糸から2.3週間で発症する

とのことで

あと2週間が第一弾目の生死の分かれ目になるということ

普通の乳がんは半年以内に再発のする可能性が高いとのこと。

いずれにしても長くて2年、生きてられればいいほうなんだって

胃腸が良くないから
繊維のおおい満腹感サポート食も
今後見直していったほうがいいかもって。

じゃあまたエコーや血液検査を受けるしかないんですね

というと

そうですね

まあそれはどこの病院でもできますので

免疫療法なんかもまたよく考えて
されるようでしたらまたきてみてください





今回の件の終わりをつげられました。


深い孤独感に包まれ病院をでました。


経過観察も、そのスケジュールも
他の治療について調べるのも
それに挑戦するのも

すべて飼い主が自力で知識を習得し、
判断し、決断しなければならない


当然なのかもしれないけど
ものすごく
孤独で不安です。


空を見上げれば晴天。
今日できることは
ゆきとまいと楽しい時間をすごすことだ。








関連記事
スポンサーサイト
YUKI&舞TB:0CM:0
<< 乳腺腫瘍の手術してもらった病院の意向。ホーム全記事一覧治療について。 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cedebuyuki.blog74.fc2.com/tb.php/1062-0cc3d1ac

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 元1人暮らしママとセデブ犬ダックスのまいにち。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.